平成最後にふさわしいイベントに参加したお話

平成31年(2019年)4月24日付沖縄タイムス1面に「ペリーもち屋 平成で幕」との見出しで那覇市山下町にある「ペリーもち屋」が4月30日で閉店する旨の記事が掲載されてました。そこでブログ主は営業最終日の様子をチェックすべく、本日(30日)ペリーもち屋を訪ねてみました。ちなみに朝の10時前に通り過ぎたところ、午後1時より営業再開の貼り紙が掲げられていましたので、13時過ぎに再度立ち寄ったら思った以上に行列が出来ていてちょっと気が引けました。だがしかし平成の御代最終日にふさわしいイベントだなと思い直し、ブログ主は行列の最後尾に並んでまったり時間を過ごしてきました。その時の様子をまとめてみましたので、読者の皆さん是非ご参照ください。

・13時25分時点のペリーもち屋前です。営業再開の13時前からものすごい行列が出来ていたことが想像できます。

・赤い服を着た女性アナウンサーが行列客にインタビューしていました。

・13時25分時点の行列最後尾です。30度近い気温でしたが、ここはまったり待つしかありません。

・2年前に撮影した国際通りの行列ができるラーメン屋の様子ですが、今日はこの時よりも並んでいたような気がします。

・13時29分ごろの様子です。ちょっとだけ前に進みました。

・13時38分ごろの様子です。「駐車禁止ご協力お願いします」の貼り紙の横に軽自動車が駐車しているのは見なかったことにしてください。

・13時44分ごろの様子です。ちょっとずつ前に進んでいます。

・13時48分ごろの様子です。QABのスタッフさんが所狭しと動き回って撮影していました。

・13時53分ごろの様子です。ようやく店内入口が見えてきました。

・13時56分ごろの様子です。この辺りから「たぶん売り切れはないな」と思うようになりました。

・13時59分ごろです。まもなく店内突入です。

・14時になりました。店内入口に営業終了のお知らせの貼り紙が掲げられていました。

・14時02分、店内突入です。おばちゃんたちが一生懸命働いていました。

・やはり今日が最終営業日なんだと実感します。

・まだまだお客様が並んでいましたので、さっさと10個入り餅を買って店外に移動しました。

・黒糖もち5個、あんもち5個の10個入り500円です。

・自宅に帰った後にコーヒーを沸かしておいしくいただきました。

いかがでしょうか。我が沖縄からアメリカ世の名残が徐々に失われていくことについては一抹の寂しさを感じますが、平成最後の区切りの日に営業終了できたことは、アメリカ世→復帰後の昭和から平成にかけての激動の時代を無事生き抜いたことに対する神様からのささやかな贈り物かなと柄にもなく感傷的な思いに耽ってしまったブログ主であります。(終わり)

SNSでもご購読できます。