無駄に高級感溢れるポークたまご定食を見つけたお話

先日ブログ主は、宜野湾市大謝名にある「鳥と卵の専門店 – 鳥玉」に夕食を食べにいったところ、ポークたまご定食を提供していることに気がついて試しに注文してみました。ちなみにポークたまご定食は(ネット上の拾い画像ですが)こんな感じの大衆的な定食で、ブログ主の記憶では平成に入った辺りから(沖縄の)食堂で提供されるようになりました。

だがしかし、鳥玉のメニューをみると、「ワンランク上の慣れ親しんだ沖縄の定番料理」のキャッチフレーズ以上に高級感が溢れています。今回は試食レビューを調子に乗って掲載します。

・宜野湾市大謝名にある「鳥玉」です。チキン南蛮定食が旨いのでよく通っています。

・店内です。個人的には”意識高い系ラーメンチェーン店”のような雰囲気を感じます。

・メニューです。フランチャイズ店もあわせて5つの店舗があることにびっくりしました。

・メニューその2です。たしかにこの店のたまご巻きは旨いです。あとご飯やたまご巻き、スープをチョイスできるきめ細かなサービスに好感が持てます。ちなみに鳥だしスープは油が乗っていて本当においしいです。

・ポークたまご定食です。たまご巻きは「アーサ入り」を選びましたが、無駄に高級感溢れる盛り付けでびっくりです。

・ちょっと角度を変えて撮影しましたが、”意識の高さ”を感じざるを得ないポークたまご定食にちょっと引いてしまいました(笑)。

・完食です。食べ方としては、鳥だしスープ→たまご巻き→ごはんとポークの順がベストです。やはりポークが塩辛いので、最後にご飯と一緒に食べるとおいしくいただけます。

・レシートです。これで590円(税込み)は安すぎます。

いかがでしょうか。”意識高い系のポークたまご定食”を食したい読者は、是非「鳥玉」を訪れることをお勧めします。(終わり)。


【参考】一番人気メニューの「チキン南蛮定食」です。

SNSでもご購読できます。