下には下があるお話

新潟県の米山隆一知事(50)は18日、(新潟)県庁で臨時の記者会見を開き、インターネットの出会い系サイトで知り合った女性と交際し、知事就任後も金品を渡して男女関係を持ったことを認め「県政に混乱を招いた」として、辞職を表明した(中略)。(2018.4.19.00:01 – 産経ニュースより抜粋)というニュースに関して思いついたことを記事に纏めました。先に文春オンラインの記事をご参照ください。

女子大生が告白  新潟県知事・米山氏「買春」辞任へ

米山隆一新潟県知事(50)が出会い系サイトを利用し、複数の女性といわゆる援助交際の関係にあったことがわかった。「週間文春」の取材に対し、女性の1人・A子さん(22)は、米山氏から1回あたり3万円を受け取っていたことを証言。月に一度ほど会う関係だったことを明かした。女性は名門私立大学の学生だった。

「彼とは出会い系サイト『ハッピーメール』を通じて知り合いました。もちろん、最初からお互い援助交際が目的。彼はお金を持っていそうな雰囲気だったし、『こういうこと(援助交際)に慣れているんだろうな』と感じました」(A子さん)

米山氏は「週間文春」の取材に対し、A子さんも含めた複数の女性との援助交際について、事実関係を認めた。

4月17日(火)に開いた緊急記者会見で、米山氏は自身の女性問題に関連して週刊誌から取材を受けたことを明かしていた。その上で、進退については「まだ結論は出ていない」とし、「1日、2日、時間を与えてほしい」と述べていた。4月18日(水)の夕方18時に再び会見を開き、辞職を発表すると見られる。

相手女性の告白や援助交際の実態など、詳細な経緯は4月19日(木)発売の「週間文春」で報じる。また「週間文春デジタル」では、約6分にわたる米山氏の直撃取材の模様を収めた《完全版》動画を同日朝5時に公開する。(source : 週間文春 2018年4月26日号)

民選知事の援助交際疑惑、しかも売春防止法第三条に該当しそうな破廉恥案件で開いた口がふさがらないというか、今更ながら“学歴と品性は別問題”と思わざるを得ません。“下半身に人格なし”と言い換えることもできますが、このスキャンダルは同じ新潟県人である森裕子参議院議員に追求力を発揮して真相を明らかにして欲しいところです。

ちなみに我が沖縄県において米山氏に匹敵するであろう破廉恥案件をやらかした知事クラスの要人をチェックしたところ、極めつけの事例がありましたので紹介します。大正3年6月に沖縄県知事に赴任した大味久五郎(おおみ・きゅうごろう)氏の「検黴(けんばい)事件」です。

歴代の知事で奈良原繁を除けば大味ぐらい多くの話題をまいた人はいなかった。その主なるものをひろい上げてみると、検黴(けんばい)事件がある。那覇の若狭病院 – 俗称キンサヤー(検査屋)で辻の女たちの定期検査が行われ、花柳病を患っている者を強制入院させていた。ある日、大味知事は同病院の視察に赴き、白衣をまとって検査室に入った。現場にいた女たちは、新しい医師が来たぐらいに思ったという。そのとき知事みずから医師にかわって検診した – という噂がパッとひろがった。それが事実であったかどうか、明らかではないが、病院側も別に否定しあかったので、この噂は沖縄中の人の口にのぼった。大味の名前をもじって、卑猥な言葉で知事を呼ぶものさえ出てきた(新聞五十年 – 高嶺朝光著 41~42㌻)

ちなみに大味知事は大正3年(1914年)に沖縄県知事に赴任して以来、高嶺朝光さんが述べている通り(ろくでもない)エピソードが満載です。彼は当時の沖縄の政局を無茶苦茶かき乱したあげく、「立つ鳥あとを濁す」が如くクビになって沖縄を去っていきました(しかも同一内閣によって任命→罷免という前代未聞の辞任劇)。ひとことで言うと

世の中下には下がいるもんだ

と痛感しつつ、今回の記事を終えます。


【参考】 米山隆一新潟県知事 臨時記者会見

SNSでもご購読できます。