第一回弁当屋さんの天ぷら選手権 – 那覇西部地区

今回はすこしゆるいグルメレポートを提供します。ここ数回那覇西部地区の散策レポートをアップしましたが、その際に意外というか街の弁当屋さんの人気に気がつきました。

今回は那覇西部地区(久米、西、辻)の弁当屋さんの散策レポートを掲載します。なお題字は適当につけたので、てんぷら以外の食材も登場します。それと第二回があるかは未定ですのでご了承ください。

・はじめに紹介するのは那覇市久米1丁目にある”丸江弁当”です。以前朝8時前に訪れたときは弁当目当てのお客さんで混雑していました。

・沖縄の街の弁当屋には”ベンチ”と”ごみ箱”が設置されています。ただし最近の屋台形式の店舗では設置しないところもあります。

・天ぷら選手権と銘打ったので、”じわじわくる”てんぷらを購入しました。この店のドラムチキン(170円)の大きさにはいつ見てもびっくりします。

・沖縄のドラムチキン特有の”あじくーたー”仕様です。

・ほかにも美味しそうな弁当や天ぷらがありましたが、今回はパスして次の店舗に移動します。丸江弁当から徒歩5分”かわひら”です。

・ベーコンたまご天ぷら(100円)が美味しそうだったので注文しました。

・ドラムチキン(150円)も食べてみました。沖縄天ぷらにおけるドラムチキンは、①無駄にでかい、②やたら衣が厚い、③とにかくあじくーたーが仕様ですが、かわひらのドラムチキンはあっさり味で衣さくさくでとても美味しかったです。これで150円はお買い得と言えます。

・3店目はおなじみ”辻スーパー”です。ここの惣菜は価格設定が高めの傾向があるので、天ぷらではなく”オムライス”を購入しました。

・ちなみにこのオムライス、めちゃくちゃ旨かったです。あっという間に完食しました。

・4店舗目は久米にある”唐ちゃん”です。チキン南蛮2個(240円)をテイクアウトしました。

・オリジナルのタルタルソースとの相性が最高の一品です。

ほかにも気になるお店はありましたが、次回改めて紹介します。最後に沖縄てんぷらでドラムチキンを注文する場合、ごくまれに”生にえ”という不発弾に遭遇しますので、その点だけ注意してください(終わり)。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。