7月2日に公示された那覇市議会選挙の立候補者のポスターがなかなかカオスだった案件

7月4日の沖縄タイムスプラス版に、「那覇市議選67人の立候補確定 定員40名 9日に投開票」の記事が掲載されていました。ブログ主はその前日にネタ探しで那覇市内を散策中、その選挙ポスター掲示板内における一部候補者ポスターのカオスぶりに驚いて、早速ですが記事に纏めてみました。(ポスターは夜間撮影したため、若干画質が落ちますがその点はご了承ください。)

・屋良朝助候補

現在「琉球独立♪屋良朝助♪」の選挙カーが那覇市内を走っていますね。もはや市議選の定番になりつつあります。「姓・名、すべて記入」の表示も相変わらずですが、もはやキャラクターがマンネリ化していることは否めません。

20170704

・砂川伸彦候補

給食にステーキをの表示が目につきます。だがしかし「お前が右手に握っているのはチキンだろう!」と突っ込みたい気分になるのは気のせいでしょうか?

・発明家 タカハシ喜重候補

「◎自治会などで業務上横領しても逮捕されない」「◎逮捕可能は『市民を守る警察署』を新設する」「◎裁判所も同様『市民を守る裁判所』を作り市民を守る」との主張ですが、市議会議員の権限で警察や裁判所が新設できるのでしょうか?

・石田タツオ候補者(沖縄維新の会代表)

とりあえず全文を掲載しますが、公務員云々よりも己の文章力をアップさせたほうがいいのではと思わざるを得ません。なお大阪維新とは無関係らしいです。

★公務員の年収3割退職金5割カットしその分で市民支援をします。★公務員を監視する仕組みを作ります。公務員は仕事ができない。する気がない。能率を上げようとしない。三日でできる仕事を一ヶ月もかかる。ボーッとしている公務員が役所にうようよいます。民間ならとっくに倒産しています。公務員に仕事をさせ悪いことをしないように監視する人間が必要です。特に学校では児童生徒にセクハラ淫行する教師が後を絶ちません。昨年も小学から高校まで5年間も教え子に淫行させていた夫子ある女教師が逮捕され懲役刑に。被害生徒はストレスで円形脱毛症に。生徒の人格形成に重大な影響を与え被害は深刻です。被害補償を行政はすべきです。津堅島でも妻子ある教師が教え子を強姦し子供を産ませていますが校長になり部下を解雇しその家族も路頭に迷わせています。行政は彼を処分すべきです。これらの被害は氷山の一角です。再発防止策を行政は全く講じていません、今日一日児童生徒にセクハラや淫行をしませんと毎朝誓わせるなどすべきです。★市長も議員も公務員の操り人形です。お飾りです。だからいつまでも行政改革はできないのです。選挙のたびにきれいごとを並べますが、財源をどう作るのか、公務員の人件費を削るしかないのにどの市議もそのことは約束しません。★公務員は特別に裕福な家庭環境に育って学校以外の世間を知らないまた貧しい人の暮らしの厳しさ苦しさを知らない世間オンチです。世間に修行に出しましょう。1年間市民の家にホームステイさせ後の1年間は生活保護を受けさせ毎月7万円で生活してもらい家計の赤字を出さない工夫をさせます。★怒れ!大いに怒れ!公務員の特権。既得権、厚遇、破格のボーナス、給料に怒れ。平均年収1千万(40代の公務員)、月給70万円。生活にそんなに必要ない筈。多くの市民は15万程度で毎月やりくりしています。「ドロボー公務員、日本を食い物にする優雅な特権階級」「呆れた公務員の異常生活」「公務員の異常な世界」、「公務員を三日やったらやめられない」、「公務員亡国論」、「公務員よ、もういいかげんにせんかい」等の本を読み激しい怒りを感じました。デトロイト、夕張、ギリシャが財政破綻、那覇市も破綻は時間の問題、デトロイトのように市の庁舎を競売に出すしかない。そんな厳しい中公務員だけ高給を取っている。★市民の皆さん勇気を出して公務員と徹底的に勝利するまで闘いましょう。公務員だって本当は悪いなぁと思い胸の痛み良心の呵責もきっとある筈、市民から収奪して、自分たちだけいい暮らしをしていることに。昔は武士、藩が年貢の厳しい取り立てで農民を苦しめ、今は公務員が税金の取り立てで市民を苦しめています。市民にとって、車の税金も固定資産税国民健康保険税も住民票などの手数料も高すぎます。これらを少しでも軽減します。公務員の人件費をカットさせれば、できるのです。逆に法人税を儲かっている企業からもっと取ります。★公務員が利己心を公僕心に変え市民と仲良く共に生きることに喜びを感じるように導く指導者が必要です。市民がぐっと耐えているから暴動も起きず公務員は平気で生きていられます。市民は公務員にもっと怒るべきです。★天下りで5億稼ぐ公務員。理化学研究所は妻やお気に入りの女性を秘書にして月わずか30時間の勤務で給料を月50万円も払っているという。「ドロボー公務員」これは正に犯罪的なドロボーです。これは国の財政破綻は時間の問題です。那覇市はその国から約70%も補助金を貰って公務員に平均年収1千万も払っているのです。公務員の人件費は50%削減しても民間よりは生活が楽にできるのです。★独居老人はまともに三度の食事さえできていません。市が考えなくてはいけません。弁当の配達など。各地区に市営の食堂をつくるなど。★市民が団結し公務員と闘えば、公務員の人件費も3割カットなどすぐ勝ち取れるのです。年収300万円以下の市民は約20万人。20万人が那覇市役所に公務員の人件費を3割削減せよ!等のプラカードを持って集まり包囲し気勢を上げれば市長はしっかり受け止めるはずです。市役所の前でハンガーストライキをする、集会を開き公務員は1千万もの年収。この格差。市民の組織を作り、公務員と闘うしかない。公務員の貴族的厚遇を正す正義の戦いに立ち上がりましょう!頑張りましょう。夜明けは近い!公務員を公僕に叩き落す戦いに勝利しましょう!

 

いろいろ突っ込みたい気分になると思われますが、上記候補者のお問い合わせ等は下記URLをご参照ください(終わり)。


屋良朝助候補 琉球独立運動資料館 かりゆしクラブ公式ホームページ

http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/

砂川伸彦候補 給食にステーキを~肉食と裸足ランニングを広める砂川伸彦のBlog

http://www.29hadashi.com/1475.html

高橋喜重候補 公式ホームページ等なし 選挙ドットコム参照

http://go2senkyo.com/seijika/49289

石田辰夫候補 公式ホームページ等なし Twitter 参照。

https://twitter.com/okufukutada

にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。