必要以上批判話法と隠ぺい体質

今月5日の玉城デニー知事のツイッター投稿に絡んで、5月6日の琉球新報DIGITALと翌日の沖縄タイムスが炎上騒ぎを報じています。特に沖縄タイムスは1面トップで今回の知事の軽率な行動を厳しく批判しています。

今回の案件はネット上の炎上騒ぎと、既存マスコミの報道タイミングが一致する実例で、それだけ知事の言動に批判が集まったと思われますが、他にもいくつか気が付いた点があるので当ブログにまとめてみました。まずは初報の琉球新報DIGITAL版の該当記事をご参照ください。

玉城知事「妻の実家でBBQ」ツイッター投稿に批判相次ぐ

玉城デニー知事は5日、ツイッターで大型連休に同居していない家族とバーベキューをしたと投稿した。閲覧した人々から批判が相次いだ。県は新型コロナウィルス感染症対策としてバーベキューなど飲食につながるイベントを自粛し、同居家族のみで会食するよう県民に呼び掛けている。6日夜、玉城知事は投稿を削除した。

玉城知事は「GWの予定は実家と山の神の家族庭でのBBQ」と投稿した。「山の神」は、国語辞典によると恐妻を指す俗称。ツイッターでは「県民には自粛しろと言い、自身はバーベキューか」「医療従事者に顔向けできるのか」などと批判されている。

玉城知事は本紙の取材に「心身のリフレッシュのため、十分に距離を取るなどしっかり対策して実施した」と説明し、屋外だったことも強調。県は屋外のバーベキューでも感染した事例があると説明している。会食を同居家族に限るよう求めていることについて、玉城知事は「見知らぬ人と会食しないでほしいという趣旨だ」と述べた。

玉城知事は連休前、「同居家族以外との会食は、自分だけでなく大切な人の命や健康を危険にさらす」と呼び掛けていた。感染リスクの高い場に参加した場合、少なくとも1週間は健康観察をして人との接触は控えるよう求めている。

2020年4月には当時の安倍晋三首相が自宅でくつろぐ自身の動画をツイッターに投稿し外出自粛を訴えて批判を受けた。(令和3年5月6日17:37 琉球新報DIGITAL)

そして翌7日の琉球新報2面に掲載された同事件の記事です。

一読してお気づきかと思われますが、

明らかに一部削除された部分がありますね……

偶然の発見とはいえ、既存マスコミの “必要以上批判話法” と “隠ぺい体質” は案外根深いものがあるんだなと痛感したブログ主であります。(終わり)

SNSでもご購読できます。