国際通りでコーヒーを飲もう

新型コロナウィルスの影響で訪沖観光客が減少するなか、少しでも観光産業の助けとなるべく今回は国際通りのお勧めコーヒーを紹介します。

ブログ主は別名”コーヒー星人”と呼ばれるほどの大のコーヒー好きです。国際通りに数多ある喫茶店のなかからブログ主が己の勘を信じて厳選したお店を紹介します。コーヒー好きの読者のみなさん、ぜひご参照ください

珈琲処 いるか

・那覇市松尾浮島通りにある昭和の香りただようコーヒーショップです。

・店内は非常に落ち着いた感があります。

・メニューです。この店の売りはやはり(トアルコ)トラジャですね。勿論トラジャを注文しました。

・サイフォン式でコーヒーを淹れるあたり”わかってらっしゃる”と思わずつぶやきそうになりました。

・コーヒー登場です。キーコーヒー特有の香りがたまりません。コーヒーカップ(磁器)もお洒落かつ香りがうまく拡散する造りになってます。ちなみにボディや苦味はあまり強くなく、すっきりした酸味の飲みやすさが印象的でした。

珈琲茶館インシャラー

・說明不要。国際通りを代表する喫茶店です。

・入り口から店内に移動する下り階段は要注意です。

・謎のエキゾチック感が漂う店内です。

・メニューです。この店の特徴はとにかく種類が多いことです。ダッチ式、エスプレッソ、そしてイブリック式(トルコ・コーヒー)まで提供する幅の広さには毎度驚かされます。

・ルシアンティー、モロッコミントティー、そしてさんぴん茶セットという謎の幅広さがじわじわきます。

・コーヒー登場です。伝票にアラビア語っぽく”インシャラー”と記載しているところが印象的です。コーヒーもネタ的にも美味しい喫茶店と言えます。

・ちなみにコーヒーはキーコーヒーらしくボディーと苦味が強くなく、酸味すっきりの味わいでした。そして白いシンプルなコーヒーカップ(磁器)を使っているあたり”わかってらっしゃる”と思わずにいられません。

トックリキワタ珈琲店

・ホテルJALシティーの裏手にあります。通りかかった際にブログ主の勘が働いたので試しに立ち寄ってみました。

・店内です。先に紹介した喫茶店とちがって現代的なお洒落なレイアウトが印象的です。

・メニューです。フレンチプレス式で提供するあたり”すばらしい”とつぶやかざるを得ません。

・コーヒーリストです。全部注文したいところですが、今回は超悩んでパプアニューギニア(アジア)を選びました。

・コーヒー登場です。スターバックスのようにコーヒープレスではなく、カップで提供されたのはちょっとびっくりしました。

・プレス特有のコーヒーの色(コーヒーブラウン)がたまりません。カップはおそらく陶器で、縁を外側に広くとって香りを上手に拡散する造りがすばらしいの一言です。味はアジア系らしくボディと苦味が強めでほのかな大地の香りが印象的でした。

もちろん他にも旨いコーヒーを提供する喫茶店はありますが、今回はこれにて終了します。

【追記】コーヒーといえばこの曲なので貼り付けておきます。

SNSでもご購読できます。