続・琉球藩の時代 もしも大日本帝国が琉球王国を引き取らなかった場合のお話 番外編5

現代の沖縄における独立論、あるいは自己決定権の議論は、ハッキリ言って「国会において普天間基地の辺野古移設反対、県外移設」に賛同する勢力が極めて小さい点に対するいらだちです。国会(特に衆議院)において多数派を確保できる可能性は極めて低いため、「いっそのこと独立して自分たちが多数派になっちゃえ」という次元の発想です。

もしも本当に独立したら、現在の日本の国体、すなわち「天皇陛下を中心とした国民共同体(天皇陛下の前では日本人は平等)」から離脱を意味します。これは革命を意味するのですが、果して独立や自己決定権を主張する面々はそこまでの認識があるか、極めて疑問に思わざるをえません。

続きを読む

資料 2017年1月28日(土曜日)沖縄タイムスより その4

前回記事において、DHCシアターの見解をアップしました。その後は1月22日付けで、辛淑玉さんの見解(のりこえねっとの公式 Web サイトに掲載)が公表され、1月27日日付でBPO放送人権委員会宛に申立人辛淑玉名義で申立書が提出されました。今回は、申立書内の添付資料の分を掲載します。(ブログ主個人の感想はあえて記載せず、申立書の文章のみ掲載)

続きを読む

資料 2017年1月28日(土曜日)沖縄タイムスより

本日(28日)の沖縄タイムスの1面に、TOKYO-MXが放送した「ニュース女子」に対して、虚偽の内容で名誉を毀損されたとして、辛淑玉さんがBPOの放送人権委員会へ申し立てを行いました。ブログ主が驚いたのは、沖縄タイムスがこのニュースを1面で取り上げたことです(6面に辛さんの見解全文、27面に関連あり)

この案件は興味深い内容もあるため、まずは沖縄タイムス1面の記事と、辛さんの見解全文をアップします。

続きを読む

続・琉球藩の時代 もしも大日本帝国が琉球王国を引き取らなかった場合のお話 番外編3

yasa

前回の記事において、現在の沖縄県が独立するための必要条件として

・戦後世代が抱える被差別意識を超える、琉球独立のための新しいイデオロギーの作成。

・東アジアにおいて中国共産党が冷戦に勝利すること

の2点を挙げました。それぞれについて説明します。

続きを読む