コラム

“ぼくのかんがえるさいきょうの” という病

今回は我が沖縄だけでなく、日本全国(特にネット上)ではびこる “ぼくのかんがえるさいきょう” の弊害について言及します。ちょっと意地悪な内容にはなりますが、その好例として沖縄県内における中国観の変遷について簡単に説明します。

実は我が沖縄における中国観は昭和47年(1972)年を境に大きく変わります。アメリカ世時代は昭和24年(1949)の中国革命の影響もあって無気味な国という印象が一般的でした。そして言論界も米国民政府を敵に回して中国共産党が支配する大陸社会の様子を積極的に報道する度胸はありませんでした。

その流れが一変したのが昭和47年(1972)年のニクソン訪中(2月21日)です。そして復帰後しばらくして琉球新報が中国大陸に特派員を派遣して大々的に特集記事を掲載します。ちなみにその時派遣されたのが山根安昇さん(元琉球新報副社長)であり、その後もマスコミ関係者だけでなく、幅広い階層の人達が中国共産党の招きによって大陸を訪問します。

問題は訪中後に掲載された特集記事であり、以前当ブログでも紹介した “売春は古い社会の古いものがたり” のように中国社会の一面を強調する内容となっており、必ずしも中国共産党が支配する大陸の現実を伝えるものではなかったのです。

だがしかし、これはしょうがない部分があって、決して彼ら(あるいは彼女たち)が中国共産党に阿(おもね)たわけではなく、彼らには無意識にある種の “理想像” を抱えており、その理想に合致する部分だけを取り上げて特集記事を掲載したのです。そしてそのことに気が付いていない、

これがぼくのかんがえるさいきょうの病です。

ちなみにブログ主は沖縄の知識人(マスコミ含む)には親中派はいないと考えています。つまり彼らは自分の理想を達成するために中国共産党を利用しているだけであり、用済みになればポイ捨てしてほかの理想像を追い求めるからです。事実、平成に入ってからの天安門事件やソビエトの崩壊後は、彼ら知識人の過去の言論は無かった扱いになってるじゃありませんか。この点は復帰後の朝鮮労働党マンセー世代(教職員会に多かった)にも言えます。

この事例から人間の思考力・想像力には “ある種の限界” があることが分かります。山根安昇さんや、昭和48年(1973)年に『中国の旅』という特集記事を掲載した外間米子さんだけではなく、我々はだれしも無意識の前提の元に社会の諸現象を判断しています。問題は、その点に気が付かず己の(内なる)理想を(正義として)喧伝し、それに対して異を唱える者を断罪する、あるいはネガティブな情報を流して批判する輩があまりにも多いことです。特にネット言論はその傾向は著しく、

自民党総裁選挙における高市早苗マンセー、河野太郎ガー

の書き込みを見ると、50年前の我が沖縄における中国共産党・朝鮮労働党礼賛の輩と“同類” が生息しているなと痛感したブログ主であります。

ユタとりうきう

少し前に当ブログで “りうきうにおける神権政治” についての記事をアップしましたが、今回はそのついでにりうきう社会におけるユタについて言及します。

その前にブログ主なりにユタを定義すると、大雑把には “民間から自然発生した神に操られる者たち” で、この点が重要ですが彼ら(あるいは彼女らは)琉球王国時代の神女組織とは(原則として)独立した存在だったのです。参考までにりうきう社会の神女組織について、伊波普猷著『ユタの歴史的研究』を参考にまとめてみると、

聞得大君(ちふぃじん)>大あむしられ(首里内三殿内の高級神女)>のろくもい(地方豪族から任命された神女)>根人(ねっちゅ)>神人(かみんちゅ)

とあり、少なくとも尚眞王以降はこの序列で組織運営されていたことがわかります。そして同著によると

御承知の通りいずれの宗教にも神秘的の分子は含まれているが、沖縄の民族宗教にもまた神秘的の分子(悪くいえば迷信)が含まれているのであります。いったい小氏の神人かみんちゅより大氏の神人に至るまで、古くは神秘的な力を有もっていて神託を宣伝するものであると信ぜられていたのでありますが、なかにはそういう力を有っていない名義ばかりの神人もいたのでありますから、これらに代って神託を宣伝する連中が民間に出で、そうしてとうとうこれをもって職業とするようになったのであります。これがすなわちトキまたはユタと称するものであります(そして後には神人にしてこれを職業とするものも出るようになりました)(下略)

とあり、つまりユタは神女組織とは別のところから発生したことが分かります。

ただし神女組織の構成員とユタには重大な共通点があります。それは彼ら(あるいは彼女ら)は民間においては神に操られる者(呪術の使い手)と看做されていて、すなわち社会学的には

権威のカテゴリー(領域)に属する存在

なのです。しかも慶長14(1609)年の薩摩入り後の神女組織の権威低下に伴い、相対的に地域社会においてユタの権威はアップすることになったのです。

その結果、ユタの存在は権力側を刺激したのは疑いの余地がなく、傍証としてユタの歴史イコール弾圧の歴史と言っても過言ではないほど権力側から禁止令が出されます。だがしかし、この禁令は全くと言っていいほど効果ありませんでした。その原因はハッキリしており、権威と権力は(社会学的には)カテゴリーが別なので制御なんて本質的に不可能なのです。具体的に説明すると権力はあくまで “図る力” つまり社会の揉め事を調整する機関であり、何が正しいかを判断する能力は持ち合わせていないのです。ユタは前述の通り権威のカテゴリーに属していますので、はっきり言っていかなる政令をもってしても根絶は不可能です。

しかも当時は、ユタの存在を不条理なものと決めつけて一方的に禁令を出すやり方なので、これだとますます上手くいきません。ブログ主が驚いたのは我が沖縄社会でユタの存在は社会学的に取り扱った最初の人物は伊波普猷先生で(大正2年3月11から20日まで琉球新報上で「ユタの歴史的研究」の論文を掲載)、それまで誰もユタの存在を科学的・社会学的に解明しようと試みていなかった点です。

伊波普猷先生のユタに対する取り組みは「ユタの歴史的研究」の最初に記載されている部分を抜粋すると、

私は昨今、本県の社会で問題となっているユタについて御話をしてみたいと思います。「ユタの歴史的研究」! これはすこぶる変な問題でありますが、那覇の大火後、那覇の婦人社会を騒がしたユタという者を歴史的に研究するのもあながち無益なことではなかろうと思います。ユタの事などは馬鹿馬鹿しいと思われる方があるかもしれませぬが、この馬鹿馬鹿しいことが実際沖縄の社会に存在しているから仕方がない。哲学者ヘーゲルが「一切の現実なる者は悉く理に合せり」と申した通り、世の中に存在している事物には存在しているだけの理由があるだろうと思います。(下略)

とあり、実際にユタの歴史的経緯と、伊波先生なりの解決策を明示しています。この点については次に言及します。(つづく)

【補足】りうきうにおける神権政治とは

前回アップした “【島津入り】りうきうはなぜ薩摩に敗れたのかの考察  “がブログ主の予想の斜め上を行く反響を呼んだので、今回は理解の補足資料として神権政治(シオクラシー)について言及します。

ちなみに現代のうちなーんちゅは日常生活において “神” を意識する機会がほとんどありませんが、古りうきう民の神概念を考察すると、大雑把ではありますが下図のようにまとめることができます。

続きを読む

【島津入り】りうきうはなぜ薩摩に敗れたのかの考察

当ブログを運営してから5年以上経過しましたが、今回はこれまで一度も取り上げたことのない事例について言及します。読者の皆様はご存じかもしれませんが、琉球・沖縄の歴史的大事件である “慶長の役(薩摩の琉球侵攻)”“沖縄戦” について専門記事はおろか関係資料も配信したことはありません。

続きを読む

菅義偉氏の凄さをまとめてみた

既にご存じかと思われますが、菅義偉首相は、3日の自民党臨時役員会で党総裁選への不出馬を表明し、9月末の(自民党)総裁任期いっぱいで首相を退任する見通しになりました。

参考までに経緯を説明すると、令和2年8月28日、安倍晋三内閣総理大臣・自民党総裁(当時)の辞任表明に伴い、自民党総裁選に立候補・勝利した菅氏が新総裁に就任し、前任者の任期(令和03年9月末)を引き継ぎます。

続きを読む

【私見】コザはなぜこんなに人を引きつけるのか(人が集まるとは言っていない)

先月31日付琉球新報デジタル版に “桐谷健太もハマった コザはなぜこんなに人を引きつけるのか〈映画「ミラクルシティコザ」への道〉1” と題した興味深い記事が掲載されていました。1970年代のコザを舞台にした映画が令和04年1月に県内で先行公開されるに伴う宣伝記事ではありますが、今回はブログ主なりにコザの魅力について言及します。

ちなみに当運営ブログでも沖縄市中央をはじめコザ関連の記事は多数配信しています。ブログ主の地元である宜野湾によりも多くの記事をアップしているのはちょっと笑えますが、それだけ(記事として)取り扱いやすい地区であることは間違いありません。ちなみに取り扱いやすい最大の理由は、現在の沖縄市中央が(規模は違いますが)ローマと同じく、

続きを読む

【備忘録】琉球新報の堕落を象徴する社説

先月23日から今月8日まで開催された東京五輪は、ご存じの通り無事閉幕し、現在は24日からパラリンピックが絶賛開催中です。コロナ禍でコンディション調整が難しい中、アスリートのみなさんの奮闘には頭が下がるブログ主ですが、五輪開催によって社会にまん延した “不公平感” に乗じた琉球新報の社説には嫌な思いを抱いたので、試しに全文を書き写してみました。

続きを読む

共感性の欠如

本日(27日)付沖縄タイムス1面〈大弦小弦〉をチェックすると、(自称)メンタリストDaigoさんの炎上騒動についての言及があり、いかにも沖縄タイムスが好みそうな案件だなと思いつつ目を通していました。

続きを読む

りうきう独立芸人がアフガン政府崩壊から学ぶべき教訓とは

既報ですが、8月15日、アフガニスタンの武装勢力「タリバン」が首都カブールを制圧し、親米政権だったガニ政権(注)は崩壊しました。

(注)ウィキペディアを参照すると、モハンマド・アシュラフ・ガニ―・アフマドザイ(アフガニスタン・イスラム共和国第11代大統領。任期:2014年9月29日から2021年8月15日)とあり、8月15日をもって大統領退任扱いになっています。

続きを読む